耳鳴り 高音 霊

霊のごとく付きまとう高音の耳鳴りも気にならなくなります

スポンサーリンク

会社での人間関係や日頃のストレスから、耳に関する悩みがさまざま発症することがあります。
耳を塞がれたような耳閉感や耳鳴りは、身体に悪影響が出ているシグナルとして突然に現れたりします。
身体的疲労感や精神的ストレスを溜めすぎてしまうと自分では思うようにコントロールできなくなり、回復するはずの耳鳴りが付きまといます。
その無機質な高音は霊のごとく絶えず付きまとっていることに恐怖を感じる人もいます。
耳鳴りは精神面の回復から改善される場合があります。しかし、聴覚を司る器官を検査しても原因がわからない場合も多く、他のさまざまな身体的トラブルの併発している人には、心療内科の受診を勧められることがあります。
身体機能が調子悪いのに精神科の受診を勧められるケースに、感情をうまくコントロールできなくなる脳内の伝達物質の乱れが原因と考え、精神科での治療が必要といわれています。

スポンサーリンク

現在増加傾向にあるうつ病など、社会的に認知され労災認定を受けた精神疾患は、職場から不当な扱いを受けることなく治療をすることができる環境になってきました。耳鳴りによる不安感は精神疾患の回復と共に改善する場合があります。
また、治療と同時に耳鳴りと上手に付き合っていく方法も身に付けなくてはなりません。
無機質な高音を意識し過ぎるあまり不安感が増大してしまうので、生活音や会話を意識的に聞くことにより、気にしなくする習慣を身に付けるとよいでしょう。
高音が気にならなくなる補聴器も開発されており、嫌な音を打ち消すように違う音を補聴器から出して気にならなくする練習をすることができます。高齢になると老化現象から発症する場合も多く、気持ちがふさぎ込んでしまう人と、前向きに気持ちを切り替えて上手に付き合っていく人がいます。
どうせなら、楽しい生活を過ごせるよう、生活習慣の改善に努めたいものです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加