耳鳴り 高音 ずっと

ずっと高音が続く耳鳴りは、さまざまな器官が引き起こしています

スポンサーリンク

日頃に忙しさから、睡眠不足や乱れた食生活など、さまざまな要素から耳鳴りが発生します。
ある朝起きると突然に起きる突発性難聴は、耳の閉塞感と共に耳鳴りを併発させます。
子供から高齢者まで幅広く発症しますが、特に30代から40代に多く現れます。
早期に治療を開始しないと耳閉感などが残ることがあり、ずっと響いている高音に悩まされることになります。
病状は未だ全貌を解明できていませんが、内耳に流れる血管のトラブルやリンパ液の量や動きに不具合が生じたために起こるといわれています。また内耳のウィルス感染により起こる場合もあり、治療には薬物療法を用います。
ステロイド剤や循環改善薬、抗ウィルス剤など、さまざまな方法で行われます。これらの治療により内耳のトラブルが改善することで、ずっと響いていた高音が治るケースもあります。

スポンサーリンク

内耳から脳にかけてつながる聴神経に腫瘍ができる聴神経腫瘍は、耳鳴りを併発させます。
腫瘍といっても良性のものが大半で、周辺の臓器を圧迫させることで顔面神経に影響を及ぼすことがあります。
腫瘍はCTやMRIなどの画像検査で大きさや場所が確認できます。治療には放射線治療や摘出手術が必要な場合もありますが、進行速度が遅い腫瘍に対しては経過観察を行う場合もあります。
耳鳴りと一緒に回転性のめまいを生じさせるものにメニエール病があります。
めまい発作を繰り返し起こるのも特徴的で、何度も繰り返しているうちに後遺症が残る場合があります。
突発性難聴と同様に内耳に関わるトラブルから生じるといわれていて、内耳に流れているリンパのむくみから流通障害や吸収障害が原因とされています。また、バランス感覚を司る三半規管が内耳の近くに隣接しているため、めまいを併発させます。
耳鳴りはさまざまな器官の影響が積み重なって起こるため、軽度のものであっても早急に受診をするとよいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加