耳鳴りの原因 ゴー

耳鳴りの原因のゴーを治すためには

スポンサーリンク

低音の耳鳴りがする場合の多くは内耳にある感覚細胞の低音に反応する部分に異常が起こりゴーという音と耳が詰まったような感じがします。
同じような現象が病気によって起きることがあります。その病気を「耳管狭窄症」といいます。
耳管腔と鼻腔をつないでいる器官を耳管といいます。
耳管は普段閉じられていますが、あくびをしたり、つばを飲み込んだりすると、耳管が開いて空気を出し入れすることで、中耳腔の圧力と外界の気圧と同じに保たれています。山道やトンネルなどで耳が詰まった感じがした時につばを飲み込むと治ったりしますよね。
耳管の働きがあるからできることです。しかし、鼻やのどに炎症、耳管機能の低下により、耳管が閉じたままになり、圧力調整ができなくなることを「耳管狭窄症」といいます。耳鳴りや耳がつまった感じ、聞こえが悪いと感じる人が増えているようです。
特にストレスを抱えた若い女性は注意が必要です。

スポンサーリンク

耳鳴りの原因「ゴー」の治し方は耳鳴りは耳鼻科・耳鼻咽喉科もしくは脳神経科で検査します。薬物療法が多く、脳の問題の場合は手術等で改善します。
ストレスや肩こり・筋肉の緊張が原因の場合もあるので、リラックスする、休息を取る事で改善する場合もあります。
音を聞く機能の蝸牛(かぎゅう)は壊れると修復しないので、難聴には有効な治療法がないとされています。早期の場合は血行を良くする薬、炎症を抑える薬が有効です。
耳鳴りを無くす事が難しい場合は、逆に音楽などを聴き、耳鳴りが気にならないようにする音楽療法があります。
漢方薬での治療方法もあります。耳鳴丸(じめいがん)・釣藤散(ちょうとうさん)・半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)等、体質により様々な漢方薬があります。
※体質と症状に合わせた処方は、薬局や専門店で確認する事が大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加