耳鳴り 高音 ピー

ピーと言う高音の耳鳴りがずっとしている場合は病院に行くべきです

スポンサーリンク

耳の病気は、原因の特定が難しく専門医でも明瞭な診断ができない場合が多々あります。
ピーという高音がずっと聞こえて、いつまでたっても治らない場合、ただの耳鳴りではなく病気の可能性が考えられます。
特に、この症状に多いのが突発性難聴です。
何の前触れもなく、このような状態に陥る患者が多く、すぐに自己治癒する場合もありますが、ずっと治らない場合もあります。
治っても、再発しやすい人も多くみられます。病院に行っても、病名は分かっても特効薬が無いため飲み薬で軽減していくのが基本的な治療になります。突発性難聴は、精神的な影響やストレス、身体的な疲れに起因している場合が多いため、これらを自分の中で解決できると自然に治るケースが多いです。
しかし、逆にいつまでも治らず苦しむ場合もあるので、その場合はお医者さんに他の対処をしてもらうのが良いと言えます。

スポンサーリンク

突発性難聴の耳鳴りは、ピーという高音である場合もあればゴーという低音の場合もあり、人により異なります。
疲れや精神的なストレスが無くなっても治らない場合は、その音がすること自体を当たり前と感じさせる治療が最近注目されています。
多くの人は、その音が気になってストレスが無くなりませんが、それを脳に当たり前だと覚えさせることで気にしなくなり、最終的には実際に耳鳴りを感じなくなることでできるようです。この方法は、ここ数年で新たに行われるようになった治療方法で、実際にこの方法で耳鳴りを克服できた患者さんも多く報告されています。
いずれにしても病院で耳を検査してもらい、物理的な要因かどうを特定してもらってからとなるため、病状が悪い時は診断してもらうことが必要です。そのうえで、精神的な影響を取り除き、治療していくことが必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加