耳 がさがさ

耳が、がさがさする時の対処法

スポンサーリンク

耳鳴りは音の種類によって、原因は幅広く、診断が難しいです。
例えば、がさがさ、ピー、ザー、グワングワン、キーン、バリバリ等、様々な音が聞こえてきます。
ですから、まずは原因をしっかり確かめるために耳鼻科に行きましょう。
普段は大きい総合病院に行くと思いますが、耳鼻科とはまさに耳だけではなく、鼻や喉の様子を見てくれて、原因をつきとめてくれます。
一見、耳とは関係ない所ですが鼻や喉などは耳とつながっていますので非常に重要です。
耳な中でがさがさと音がするときは耳アカや異物が耳の中に入ってしまっている可能性が高く、きちんと耳掃除をしていないと、比較的なりやすいものです。

スポンサーリンク

時には、鼓膜に細かい耳アカが付着して慢性化してしまう場合もあるので、きちんと耳掃除をしたい時は耳鼻科でしてもらうのも一つの手です。
その他の音の原因は大半は血流によるものです。
首や肩のこりやストレスから血流障害がおき耳鳴りがするのです。
そんな時の対処法として、東洋の医学の耳つぼを押してみて下さい。
耳たぶの後ろの下のくぼみを指先で探してみて下さい。分かりますか?
そのくぼみの横に太くてかたい筋がありますよね。そこをほぐしていきます。指では固くてほぐれないなら、げんこつを作り、ほぐしてください。
例え片方の耳鳴りでも左右のツボをバランスよく押してください。
うまく刺激が伝われば目や喉の奥まで響き、首が軽くなり同時にあの煩わしい耳鳴りも消えていくはずです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加