耳がキーンとする

耳がキーンとする症状

スポンサーリンク

耳鳴りとは耳の中で音が聞こえる症状を言いますが、音の発生源はは様々で、耳の中の異常だけでなく、耳の周辺の筋肉の収縮や、血流音もあります。
また、耳鳴りとは別に頭鳴りという、両耳から聞こえる耳鳴りが頭の中で合わさった非常に不快な症状もあります。
耳鳴りの原因は本人にしかわからず、周囲に理解してもらえないことが多々あります。
音の種類も人によって様々でキーン、ジー、ゴー、ボーンなど。中でも比較的キーンと聞こえる事が多いです。
キーンとは高音域の聴覚障害が推測でき、もしボーンでしたら低音域の聴覚障害が推測できます。
このような耳鳴りを放置してしまうとどうなるのか?
耳鳴りは一種の病気の前兆と言えます。何か危険な病気がないかチェックしなければ大変です。
危険な病気といえば耳に近い脳の病気が一番に考えられます。
キーンの場合ですと聴神経腫瘍が考えられます。

スポンサーリンク

他にも、加齢による耳鳴りは長年にわたり徐々に難聴になり、耳鳴りも大きくなりますがこれは放置しても特に問題はありません。
しかし、気になって治療しても難聴の回復が不十分だと耳鳴りも残ってしまいます。
では、耳鳴りは治せるのか?
耳鳴りは一生治らないと医者に言われて落ち込んでる人もいるでしょう。
一方、耳鳴りはあるけど気にならないという人もいます。その違いは、耳鳴りがあっても生活に支障がないと思えるかどうかです。もちろん、不安もあると思います。眠れない、このまま聞こえなくなったらどうしよう、なにか病気なのか!?
実際、病院で処方される薬で耳鳴りが改善するのは60%の人です。
その他は苦しんでいます。まだまだ、原因不明が多い耳鳴りですが、血流や血圧などを気にしながら健康に気を使い、定期的に耳の検査だけはするようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加