耳鳴り MRI

耳鳴りの原因をMRIで検査しても異常がなかった時

スポンサーリンク

ありとあらゆる手段を使って耳鼻科や脳外科で詳しく調べ、MRIまでしたのに原因が分からなかった場合はすごく不安になります。
このまま治らないのでは!だんだん聞こえなくなるのでは!
その場合はストレスが深く関係しているかもしれません。
様々な不快な症状があったり、薬でも効果がなければ一度、心療内科を受診してもいいでしょう。
ここでは、問診が重要視され、いつどのような状況で、どんな症状が、どれくらいの頻度で現れるのかなど受診する前に整理しておきましょう。
心療内科では、様々な自律神経機能検査や心理テストなどが行われ、耳鳴りの原因を探ってそれに応じた治療が行われます。
そして、もう一つは対策としてストレスを溜めないことです。

スポンサーリンク

ストレスを取り除くことで、耳鳴りを改善できる場合があります。
強いストレスを抱えたり、長期にわたりストレスを溜めこむと、自律神経の乱れから耳鳴りの症状が現れます。ストレスを自覚してない人もいますが、毎日だるい、肩こり、頭痛などストレスが原因のサインです。放っておくと、血管が収縮して血流が悪くなり、その結果、耳鳴りが併発するのです。
ストレスといってもその人の性格から、打たれ強い人もいれば弱い人もいます。いずれにせよ、うまく発散させることが大切です。
そのためには、ストレスの原因を解決するより、自分がリラックスすることを考えましょう。
毎日、ジムに行く。毎日、歩く。など義務やノルマを決めると人間はかえってストレスになります。
あくまで、楽しくリラックスが大切です。
手軽な方法として、毎日必ず行う入浴があります。
入浴は血行を促進して新陳代謝を高め、リラックスさせてくれます。
温度は38〜40度くらいが適温です。
熱めのお湯は末梢神経を収縮させ心臓に負担をかけ、かえって逆効果になるからです。
好きなアロマオイルを浴槽にたらせばさらにリラックスできます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加