耳の老化 防ぐ

耳の老化を防ぐには

スポンサーリンク

耳の老化を防ぐにはどうしたらいいのか?
誰でもある程度の年齢がくれば体の機能が低下するのは仕方がないことです。
耳の老化も例外ではなく、聞こえの能力、聴力、耳鳴りについても同様で個人差はありますが、30代ですでに聴力の低下が始まるとされています。
正確には青年期以降に聴覚神経の傷害が少しづつ始まりますが、聴力として正常の範囲内というだけです。
ですので、高齢になればなるほど聞こえづらくなるのが当然で誰にでも起こりうる自然現象なのです。
では、耳に障害があると困ることってなんだと思いますか?
・話しが聞こえなくてみじめな感じになる
・耳鳴りがしてストレスになる
・仲間はずれにされているという気分になる
・電話で話す機会が少なくなった
・知らない人と会話を楽しめなくなった
色々あるとおもいます。

スポンサーリンク

【聞こえ】に支障がある状態、つまり耳鳴りや聴力低下した状態を医学的には【難聴】と言います。
そして聞こえの低下が年齢である場合は【加齢性難聴】といいます。
私の母も60代になって急に聴力の低下が出てきました。
普段の会話や電話の話す声も大きくなり、少しうるさいくらいです。
それにテレビの音量もあがります。
これは加齢性難聴のいい例です。
加齢性難聴の人は、少なくとも人口の8%ほどと推測されます。
さらに70歳以上では、3分の1が該当すると言われています。
現代、日本は【超高齢化社会】を迎えていて加齢性難聴者は増加する一方です。
それ以外でも突発性難聴や中耳炎などで若くして聴覚に支障をきたす人もいますので、仮に人口の10%が聴覚障害をもっていたら、約1300万人が聴覚障害者になります。
そして補聴器の需要も今後ますます増える事が予想されます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加