耳 老化 テスト

耳の老化をテストしてみましょう

スポンサーリンク

耳の老化をテストしてみましょう。
聴力が低下して最初に起こるのは、聞き返しが多くなる事です。
会話で聞きにくい所が出てくるので【えっ?なに?】などと聞き返す事が多くなります。
他にも、電話では声が大きくなり、テレビの音量も上がるので周りの人からしたら少し迷惑になります。
1対1の会話ならまだ大丈夫ですが、大勢での会話は苦手になります。
●耳の老化テスト
・何か言ってるのは分かるけど、なんと言ってるか分からない
・え?なに?などと聞き返すことが多い
・家族からテレビの音量を注意される
・耳鳴りがして聞こえづらい
・早口の人の声は聴きとれない
・家族以外から難聴を指摘される
※すべて当てはまるのなら補聴器が必要になります。2つ以上で耳鼻科を受診しましょう。

スポンサーリンク

●よい耳鼻科
聞こえが悪く耳鼻科に受診することを決めた時によい耳鼻科を選ぶコツがあります。
つい大きな病院を選びがちですが、小さなクリニックでも信頼できる医師はいます。
・日本耳鼻咽頭科学会認定専門医であること
・最低限の補聴器のフィッティングができること
・診察に時間をかけてくれる事
・患者さんの気持ちを理解してくれること

 

耳の老化を放っておくと、他の障害が出てくる場合があります。
聞こえの低下につきまとうのが耳鳴りです。耳鳴りが気になり出すと脳に重大な病気があるのではないか?と心配になるものです。
その他にも聞こえが原因で社会から孤立するようになると【うつ気分】になりやがて何もする気が起きなくなってしまいます。
耳の老化が気になる時は早めの受診を心がけましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加