耳鳴り MRI

耳鳴りがひどいのでMRIで検査してきました

スポンサーリンク

つい先日の事なんですが、耳鳴りが1週間位続いていました。
このような耳鳴りについてのサイトを作っているので、耳鳴りに対しての知識はあります。
それに体関係の仕事をしているので健康についての知識もあります。
しかし、耳鳴りというのは突然にやってくるものなんです。
最初は思い当たる原因も考えられなかったので、そのうち耳鳴りは止むのだろうと勝手に自己判断してしまいました。
しかし、ピーという小さな音ですがいっこうに止む気配はなく、1週間が過ぎたあたりにはひどい頭痛が半日ほど続き、同時に左目がボワンとしてきて急に心配になり病院にお世話になりました。
私は耳鼻科ではなく、脳に異常があると思い【脳神経外科】にいきました。
体関係で健康に関する仕事をしているので、自分も健康でなくてはお客様に説得力がないので半年に一度は健康診断を受けています。
血液検査と、心電図、レントゲンといった一般的な内容ですが、いつも特に異常はなく健康体です。
しかし、今回の件に関しては正直【やばい!】と思い病院の先生にMRIをお願いしました。
半年前はCTスキャンで、脳のチェックも受けています。
まずは、問診をされ、【なにか思い当たる原因はありますか?】、【薬などを飲んでいますか?】など一般的な事を聞かれました。

スポンサーリンク

年齢も30代ですのでまだまだ若いつもりです。
そして、問診を終えいよいよ人生初めてのMRIです。
脳だけのMRIですので、国保で6千円位ですみました。
まずは、よく目にする筒状の機械の前に仰向けに寝て、ベルトで体を固定されました。
頭には顔も覆うようなマスクをさせられまるで囚人になったような感覚です。
ベットが動き、いよいよ筒状の機械の中へ・・・
もう、ドキドキでした。
20分位、機械の中で目を閉じていました。
機械の中は、意外と音がうるさく、【トントントン、がーがーがー、ザーザー】など様々な音が聞こえました。まれにこの音が原因で気分を悪くしてしまう人がいるみたいで、耳栓はもちろんですが他にも、気分が悪くなった時のために先生を呼べるように手には合図するものを握らされていました。
無事にMRIが終わり、診断結果の発表です。
特に脳には異常は見られず、先生と一緒に写真も見せて頂きました。
脳はもちろんですが、血管まで細かくみてとれます。
先生いわく、緊張性の頭痛でしょうということでした。
肩こりから、血流が悪くなり、頭痛や耳鳴りがする。
私も例にもれず、健康で若い気でいましたが、どうやら年齢も関係しているみたいです。
そして、病院を出た私は、頭がスッキリしている事に驚きました。

何もなかったことに安堵したのです。
【病は気から】とはまさにこの事です。
もし、私のような症状で悩んでいたら一度、MRIをして安心をすることをおススメします。

スポンサーリンク